七福神の御詠歌

御詠歌とは?

ご詠歌とは、仏教の教えを五・七・五・七・七の和歌と成し、旋律=曲に乗せて唱えるものであり、日本仏教において平安時代より伝わる宗教的伝統芸能の一つです。五七調あるいは七五調の詞に曲をつけたものを『和讃』(わさん)と呼び、広い意味では両者を併せて『ご詠歌』として扱います。

御詠歌の紹介

恵比寿 ・・・・・・ 釣り上げし うおを宝と抱きしめて 笑う恵比寿の 神の御威徳ごいとく
大黒天 ・・・・・・ 打つついに 宝の雨をふらしつつ 無福の民を 救う御神おんかみ
弁才天 ・・・・・・ ひく琵琶の みょうなるにも似たるかな 福を喜ぶ 諸人もろびとの声
毘沙門天 ・・・・・ 魔を降す 猛き姿にひきかえて なさけにあまる 福徳の神
布袋尊 ・・・・・・ 限りなき 宝の布袋みてはげめ 笑う門には 福来ふくきたるなり
寿老人 ・・・・・・ 玄鹿くろしかの 命長きにあやかれと 杖を引きつつ 世を救う神
福禄寿 ・・・・・・ あおぎ見る その御頭みかしらの長きごと 延寿の徳を 与えまします


城戸結伎YouTube公式チャンネル