七福神の宝船(たからぶね)について

七福神宝船

七福神は宝船に乗ってやって来ると信じられています。

宝船とは、七福神が乗る宝物を積み込んだ帆船のことです。宝船には珊瑚・金銀・宝石など、様々な宝物が積み込まれているといいます。

そのため宝船はおめでたい船とされ、この船に七福神が乗っている様子をかたどった置物などが縁起物として親しまれています。

宝船が描かれた図には「 永き世の 遠の眠りの みな目ざめ 波乗り船の 音のよきかな 」という回文歌などが書かれることがあり、正月の2日にその絵を枕の下に入れて寝ると良い「 初夢 」を見ることができると言われています。悪い夢を見た時は、翌朝、宝船の絵を川に流して縁起直しをするとのこと。

宝船のようになったのは後世の事で、元はもっと素朴なもので悪夢を乗せて流すという「夢違え」または「夢祓え」の船が原形だといいます。

室町時代には節分の夜か除夜の時人々に船の絵を分け与え、床の下に敷いて寝た後は翌朝集めて流すか、埋めるかしている事から流す物、祓う物と考えていたことが伺えます。


城戸結伎YouTube公式チャンネル