「七福神」と「福神漬」の関係性

福神漬とは、ダイコン・ナス・ナタマメ・レンコン・ショウガ・シソの実などを刻み、みりんや砂糖で調味した醤油に漬けたものです。この福神漬、七福神との関係性はあるのでしょうか?

一説によると、7種類の野菜を使っていることから七福神にあやかって福神漬けと付けられたそうです。また、この漬物を最初に開発・販売された方のお店が、上野不忍池の弁才天近くにあった事から「福神漬」と命名されたとも言われています。

その他にも、「ご飯のお供にこれさえあれば他におかずは要らず、食費が抑えられ金が貯まる(=家に七福神がやってきたかのような幸福感)」という解釈で名付けられたという説もあります。

このように、様々な説が飛び交っているだけに、七福神と福神漬の関係性は、あながち否定できないのではと感じられます。

以下は七福神にまつわることリスト


城戸結伎YouTube公式チャンネル